1日3食はNG?

こんにちは!

私たちが1日3食になった理由の一つとして

「エジソンがトースターを発明したから」という面白い説があります。

原始人は朝、狩に行って狩ったものを食べる1日1食で過ごしていたとも言われています。

 

1日1食ですと体が「オートファジー」状態になります。

「オートファジー」とは体の中のタンパク質を分解してエネルギーを作り出すことです。

オートファジーの主な効果として確認されているのが

・内臓の疲れがとれて、内臓機能が高まり、免疫力もアップする。

・血糖値が下がって、インスリンの適切な分泌が促され、血管障害が改善される。

・脂肪が分解され、肥満が引き起こすさまざまな問題が改善される。

・細胞が生まれ変わり、体の不調や老化の進行が改善される。

 

ですが1日に必要なタンパク質を一食で摂取出来るかというと

はっきり言って難しいです。

 

ですのでオートファジー効果を得ながらタンパク質を確保するために

・1回の食事量を少し増やす

・1日2食

を意識するとオートファジー効果も得られながら

必要なタンパク質摂取量も確保しやすくなります!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP