インナーマッスルの役割

こんにちは!

今日はインナーマッスルの役割について

お話しして行きます。

 

人間の筋肉には「アウターマッスル」「インナーマッスル」と

呼ばれる筋肉があります。

 

アウターマッスル・・・体の表層にある比較的大きな筋肉で主に動作時に力を発揮します

身体を見ても筋肉の形状や使っていることがわかりやすい筋肉です。

 

インナーマッスル・・・身体の深層に位置しており、見た目には働いていることを確認することは難しいですが

動作時にもアウターマッスルとともに働いて、姿勢の保持や動作のサポート、内臓の正しい働きを促すために作用しています。

 

このように役割が違うという事ですね。

特にインナーマッスルは腰痛や肩こりの大きい原因となる

「姿勢」に関わるものが多いのでこれらを鍛えてあげると

腰痛や肩こりが取れる人も多くいらっしゃいます。

 

インナーマッスルを自分で鍛えるには

・ピラティス

・ヨガ

などの運動があげられます!

 

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP